クレジットカードの海外キャッシュサービスと比較した外貨両替のデメリット

Home » 両替かキャッシングか » クレジットカードの海外キャッシュサービスと比較した外貨両替のデメリット

クレジットカードの海外キャッシュサービスと比較した外貨両替のデメリット

外貨両替の方法には様々ありますが、それぞれでメリットもあればデメリットもあるので、どの方法を選択するのかを考える際にデメリットを知っておくことも大切です。
最も一般的な外貨両替の方法といえるのは銀行ですが、両替する金額によっては相当な手数料が発生するというデメリットがあります。
銀行により手数料は大差ありませんが、1ドル100円で10万円両替する場合には約2,900円程度の手数料がかかるのです。
ただ外貨両替が初めてでその他の方法に不安を感じる人は、多少の手数料を払っても普段利用している銀行で両替するのもひとつの選択肢といえます。

空港でも外貨両替することができて、多くは銀行の店舗で基本的には市中の店舗と同じ料金設定になっています。
ただ空港専用店舗もあって、そうした店舗ならキャンペーンをやっていて少しだけお得な場合もありますが、これといった大きなメリットではありません。
逆に混雑していると時間がギリギリになってしまうといったデメリットもあって、少し得をしても飛行機に乗り遅れてしまったら元も子もないです。

また旅行会社で外貨両替することも可能ですが、基本的に銀行と同じレートですから金額的には旅行会社で外貨両替する特筆すべきメリットはありません。
それからFX取引会社で外貨両替する方法もありますが、一見手数料が安くてメリットがあると考えられますが、その他に手数料が発生してトータルすると高くなるといったデメリットがあるのです。

外貨両替の方法としてクレジットカードの海外キャッシュサービスというのもあります。
ただキャッシングということで何となく抵抗を感じる方もいますし、借金として処理されるので利息を支払う必要があるという点がデメリットとして考えられるのです。
しかし、実際には借入期間で日割りした利率を適用するため、ATM手数料を含めても他の外貨両替の手数料より安くなってお得になります。
また、海外のATMを利用していつでも外貨両替できますし、カード払いにも使用できるので便利です。

両替かキャッシングか